専門の職人になるために|ハンドメイドでオリジナルのポーセラーツを作りましょう
レディ

ハンドメイドでオリジナルのポーセラーツを作りましょう

専門の職人になるために

パン

知識と技術を学ぶ場所とは

パンは今も昔も人気の高い食べ物で、好きが高じてパン職人を目指す人も増えています。しかし、職人になるためには高い知識と技術を身につける必要があります。パンの知識と技術を得るためには専門学校やパン教室、通信講座で学ぶ方法と現場で学ぶ方法があります。専門学校では製菓専門学校、調理専門学校で学べ、特に製パン科コースなどでは特化した専門知識、技術の他、独立するためのノウハウを得ることが出来ます。しかし、金銭面や時間、近くに学校があるかないかなど考慮する点もあり、その場合は専門学校の夜間部や通信講座などをうまく活用した方が良いでしょう。現場で学ぶ場合は初心者のため、正社員として雇用する場所は多くありません。まずはアルバイトから始め、根気強く続けて知識と技術向上を図ることが大切です。

専門学校と現場の違い

パン専門学校は1年〜2年の場所が多く、その特徴は半分以上の時間を製造実習に費やします。現場とは違いじっくり丁寧に教えてくれるため、初めての人でも技術がつきやすい環境と言えます。2年制の2年次には大量の仕込み、時間制限を設けるなど実践さながらの実習を行い、現場に出てもすぐに対応出来るカリキュラムになっています。また、主な専門学校では国家資格である「パン製造技能士」の受験資格を得ることが出来、将来的なスキルアップに役立ちます。現場で学ぶメリットは実際の経営を知ることが出来たり、接客技術を得られることです。また、金銭を得ながら努力次第では早くにスキルが身につくため、独立開業が行いやすい環境と言えます。その他、実務経験を積めば「パン製造技能士」の受験資格を得ることも可能です。パン職人を目指すには学ぶ場所を自分の状況に合わせて選ぶことが、最も大切なことと言えるでしょう。